メニュー
2014.3.16 「こっこーが語る」
こっこー

ほかほかのねぎ汁


IMG_1232

むかしむかしそのむかし、僕が僧侶だった安土桃山時代

仏教の戒律により、ネギは食べる事を禁じられていたんだ

ネギだけじゃない、ニンニクやニラ、ノビルやラッキョウなど

臭気のある野菜は、不浄野菜とされていて、寺に持ち込む事が出来なった
でもねーーー

僕はねーーー

ねぎが好きでねぇーーー♥♥

とくに、このねぎ汁はこの時期の好物で、ちょいと寒い日の朝になんか飲むと

喉を通って、胃に太陽が降りてくるような心持ちなのさ…(うっとり)

 

さてさて、本日の主役、「ねぎ」と言っても、色んな種類があるんだけど

IMG_1243

世に出回っているのは、大体二種類

ひょろろろーんねぎは

葉ねぎ(ハネギ)と呼ばれていて

どどーーーんねぎは

根深ねぎ(ネブカネギ)と言うんだそうだ

今日は、その内のどどーーーんとした根深ネギを使った椀物だよ

 

まず、どどーーーんねぎを盗む

(注:みんなは、買ってね)

ついでに、生姜も盗む

(注:みんなは、買ってね)

後は、塩と胡麻油があれば準備万端さ

そ・し・た・ら

どどーーーんねぎの、どどーーーんとした白い部分を白髪ねぎにする

白髪ねぎって解るかい?ねぎの白い部分を開いて、繊維に添って細いせん切りにするんだ
(イマイチ理解出来ない人間は、母親かGoogle先生に聞くといい)

それこそ白髪みたいに細ーーーく細ーーく切ってね(ここ大事!!!)

 

切ったらお鍋を用意だ

お鍋に、ごま油を入れる

塩胡椒、少量の剃った生姜を入れて熱する

塩がパチパチ言ってきたら、ねぎを入れて炒める

ねぎがしんなりしてきたら、湯呑み一杯(約200cc)の水を入れて煮込めば出来上がり

簡単だろう?

君が面倒臭がりなら、生姜を省いてもいい

ねぎと塩胡椒と胡麻油だけでも十分美味!

禁じられた不浄野菜、こいつぁ禁断の美味さだよウケケケ

ご笑味あれ

《材料》
ネギ 1本
生姜 適量
塩胡椒 適量
胡麻油 適量

Page Top