メニュー
2014.5.31 「どんぶら〜が語る」
どんぶら〜

東洋人と西洋人の稼ぎ方って感覚違う


スクリーンショット 2014-05-31 13.26.11

おすおーす。
ちょっと東西ユーラシア妖怪会議のトイレ誘導係に任命されて
ヨーロツパ方面に時給10€でお手伝いしてきたべ。
たくさんの悪魔達とも交流を深めてきたっぺよ!
憧れのケルベロス先輩は、意外と内気で吃驚したべー。
あれはきっとマイルドヤンキー。

そして、唯一神教と多神教との差を肌で感じてきたべー。
フィールドワークは大事だと思ったべよー。
ふぉんと見て経験するのでは大違いだなー。

人間観察もしてきたっぺー。
東洋と西洋の違いを綴ろうと思うよー。

どんなエッジの立て方で、西と東を比較しようかね?
やっぱり価値観を比較することになるので「お金」にまつわる展開が良いかと思うべ。

 
当たり前だけど、「お金」って大事だっぺ。

 

 

not1

 

西洋は€(ユーロ)だね。
日本だと1€=140円だっぺ。
日本人が海外でショピンーグ!するには、つらいべ。
その変わり、西洋の人が日本のものを買うのはお得だっぺ。
所謂、円安ってやつですよ。
ドルと違って、元のユーロはあんま知らないけど、まー、一般にはそう言えるべ。

そして、当然、100€は、14,000円なんで、その差額たるや、
取引金額が大きくなれば、増大していくことになるべ。
高いものを買えば買うほど、通貨レートってのは、
意味合いがデカくなるんだよね。
これは経済の常識的な話だっぺね。

で、ここで、質問です。

汗水垂らして、必死に稼いだ100万円

拾って、落とし主が出てこなくて自分のものになってしまった100万円

これは、どっちが価値が高いでしょう?

これはなんだかズルいというか、答えはわかっているけど考えちゃう質問じゃねーべかな。
ポリシーの確認に近いかもしんないね。

自明だけんども、価値に変わらないんだよね。

100万円は100万円。だから、100万円は大体7,142ユーロ。

ここで「頑張って稼いだお金の方が価値が高い」ってしちゃうと
100円でダイヤ買えちゃうべ。
そんなことになったらエコノミークライシスだっぺ。
ザハ・ハディトの国立競技場くらいヤバイー。

でもね、この質問に、お金の価値に私情が入ってちょっと止まる感覚。
苦労して得た100万円の方が尊いという価値観。
すごくわかるべよ。
お金の稼ぎ方に執着があるんだよね。
これって、東洋っぽい気がするべよ。

西洋って、ここは反射神経的に考えてる気がする。
パッと一緒って斬る感じだっぺ。お金はツールって割り切ってる感覚。

ヨーロツパは、飲食店に入ると御飯食べるか?お茶だけか?とか
聞かれて、「お茶だけだっぺ。」て言うとバサリとフォークとかスプーンとか持ってかれる。
ここに、「この人は後から御飯頼むかも」みたいな余地は考えないんだよね。
食べるなら、また声掛けてという凄くイニシアティブは自分なんだっぺ。

すごく合理的に判断する癖がついているように思ったべ。

これは遡ると
土地の問題
だと思うべ。

IMG_3354

いろんな文献にもあるけど、唯一神が生まれる風土は、砂漠だったり、荒廃した土地だったり
過酷な環境であるとされているんだよね。

つまり、そんな状況下で迷ってたら死ぬんだっぺ。

だから生きるために早い判断が求めらる、それが継承されている、
そんなことをイスラームや、ジューイッシュや、キリシタンのスタイルを観ていたら思ったべ。

これは東洋人が劣っていると言っているんではないかんね。

むしろ、東洋人は「余白」があるってことだっぺ。

この「余白」があるからこそのお金の使い方、経済の捉え方があると思うんだけんども
それについて次回〜。
めっちゃ眠いー。

これは妖怪Jet lagのせいだっぺ。

Page Top